講師紹介|天真書法塾|天真体道(天真会)

天真会

講師紹介

青木宏之(天外)

塾長ー青木宏之(道号…天外)

青木宏之
「入門した人は、100%誰でも名書道家にするので是非ついて来て下さい。」

武道家として知られることが多い青木宏之にとって、武道は自己表現(アート)の手段の一つであった。絵画や書も自己表現の手段として嗜んでおり、自ら創始した新体道を引退した後に取り組んだのが新しい「書」の流派の立ち上げであった。現在は「氣の書道家」として「命とつながる書」の制作に精力的に取り組んでいる。

書歴及び賞歴

空海・鉄舟に学ぶ「筆禅会」(禅・武道・書道研究団体「寺山旦中師家」)に参学。 上海大学認定・中国書法学院師範科卒業。中国書法師範。墨跡研究「筆禅会」元顧問。東京プリンスホテル、新宿サンルートホテル、アルカデイア市ヶ谷、横浜そごう、白河越後家 (読売新聞、毎日新聞、福島 テレビ、福島放送、福島民報社、白河市ほか後援)他で個展を開催する他、数々の国際書道展にて招待作家として活躍中。

2001年 「パリ国際美術展入選」
2002年 日仏代表作家フランス展入選、国際公募ドローイング・版画・デッサンコンクール(墨象・書道部門第一位)、書道芸術協会展入選。
「日本現代美術と書」展(於:スペイン)に出品した作品がカンタブリア州議会議長の要請により州議事堂に収蔵される 。
2004年 中国山西省国立太原美術館、及び西峡美術館に収蔵される。
2007年 中国南通市に於ける「アジア芸術大学」に日本書家代表として招聘。世界文化遺産西安草堂寺クマラジーバー墓廟に「煩悩即菩提」が掲額される。

副塾長―吉田晶子(道号…随流)

吉田晶子(随流)
「字が下手な人手も丁寧にフォローします。初心者でも丁寧にサポートします。」

天真書法塾においては、初心者・中級者に書の技法を優しく指導解説する。会員を名書道家にすることに長ける。形の美しく洗練された文字よりも人間味の出る文字を好み、例え下手であっても「その人らしさ」が出ている文字を大事にする。

書歴及び賞歴
1975年 京都在住書家森鵬父氏に師事。(〜1977年)
1976年 「現創会展」新人奨励賞授賞。
2001年 上海大学認定・中国書法学院師範科卒業。中国書法学院師範。
「パリ国際美術展」入選。
2002年 「日仏代表作家フランス展」(JIAS日本国際美術家協会主催)墨象部門優秀賞受賞。     
中国江蘇省鎮江市にて開催の「第二回米?誕生紀念国際書法展」に出品、第一席鎮江市長賞授賞。
2007年 中国南通市主催「アジア芸術祭」に日本書家代表の中に選ばれ招待される。
その他、中国各地の国際書道展に代表作家として出品。
◉ 天真体道(一般財団法人天真会)