創始者・青木宏之|天真会とは|天真会

天真会とは

創始者・青木宏之

1936年横浜生まれ、中央大学法学部卒。日本空手道の江上茂氏の推薦により流儀最高位の 五段に推挙。 空手道、合気柔術をベースにした現代人のための心身開発体操「新体道」 を創始し、さらに「日本の棒術」体系を創案。世界各国に広がる。世界の「気」ブームの火付け役でもある。

現在は武道生涯の集大成として剣武天真流を開発し、指導に従事している。武道のみならず、中国古典臨書を専門とした書道家。天真書法塾塾長。道号「青木天外」。

ボランティア部門では、1991年に「3H スカラーシップ」を設立し、フィリピンの貧困家庭の子供達の教育支援を行い、また、「一般財団法人天真会天真奨学会」と名前を改めフィリピンのみならず、アジアの貧困家庭の子供達の教育支援を行い現在に至る。2011年5月、東日本大震災の被災地、被災者への支援を行うため天真会会員有志による「チーム天真」を結成。福島県大玉村仮設住宅、南三陸仮設住宅へ出向き、指圧&マッサージや健康体操を行うボランティア活動を定期的に行っている。

創始者・青木宏之
『運をつかむ瞑想法』 『自由なからだ 自由なこころ』

現在

一般財団法人天真会代表理事、 (有)天真会取締役、アオキメソッド学長、天真書法塾塾長 剣武天真流宗家、NPO 新体道名誉会長 日本人体科学会理事、日本養生学会顧問、他

現在

『からだは宇宙のメッセージ』(地湧社) 、『新・からだ主義宣言』(ビジネス社)、『新体道』(春秋社) 、『自然なからだ 自由なこころ』(春秋社)、『運をつかむ瞑想法』(青春出版社)、他

◉ 一般財団法人天真会